遺伝子治療のポイントや実際の声について紹介していきます

遺伝子治療のポイント

相談

遺伝子治療とは

癌の治療方法である遺伝子治療とは、従来の治療方法とはまた違った方法で癌の治療を行っていくものとなっています。具体的にどのような働きかけを行うのかというと、異常が発生しがん細胞に変異してしまった原因となる遺伝子を正常な状態に戻してあげるといった試みを行うのです。遺伝子を正常に戻すことによって癌の治療を行うこととなるのです。暴れる病魔を鎮めましょう。

遺伝子のバランスを整える

遺伝子治療では異常が発生した遺伝子を元の状態に戻す働きかけを行うと紹介しましたが、ここではより詳しく解説していきます。細胞の増殖や数を調整する際には、二つの遺伝子が影響を与えているものです。細胞を分裂させ増やす役割を担っているのが「がん原遺伝子」であり、細胞が増えることをストップさせる働きを行う遺伝子が「がん抑制遺伝子」となります。遺伝子治療ではこの二つの遺伝子の異常を正しくさせることによって、癌細胞の発生や増殖を食い止めることが出来るのです。

目で確認できない癌に有効

癌は遺伝することも多くあるものです。遺伝子治療では、癌が発症するリスクの高い癌家系に属する方に対する治療や、治療方法があまりない極めて初期の段階の癌を治療する際にも用いることができます。そのため、目で確認することが出来ないような癌に対しての治療を行うことが出来ると言えるのです。

効果的な抗がん剤を選ぶ

遺伝子治療を行う際には、まずは遺伝子に異常が無いかという検査が行われることとなります。事前に遺伝子の異常を確認することによって、患者に適した抗がん剤を事前に選ぶことが出来るのです。そのため、副作用を少なくするように試みることが出来ると言えるでしょう。

遺伝子治療の体験談をご紹介

抗がん剤と併用しました(50代女性)

吐き気などを頻繁に感じるようになり検査したところ、胃がんが発覚しました。治療としては、遺伝子治療と同時に抗がん剤を併用しながら治療を行いました。遺伝子治療を行うことで抗がん剤の量を減らすことができたので、思っていたほど副作用に悩まされることも無かったです。

転移を起こしていましたが…(60代男性)

私は肺癌と診断され治療をしていましたが、リンパへ転移を起こしてしまいました。そこで治療を遺伝子治療に変えたのです。すると肺癌・リンパ共に腫瘍の縮小がみられ、現在も着実に効果を得ていますよ。

小細胞がんが改善(50代女性)

小細胞がんとなり遺伝子治療を行っていました。余命数か月と宣告されていたのですが、癌細胞は、治療を開始して数か月にはがん細胞はみるみるうちに小さくなったのです。遺伝子治療を進めてくださった医師には、感謝の気持ちでいっぱいです。

広告募集中